2005年08月17日

kokemaru印自家製ハバネロソース

フルーティで辛い自家製ソースです。

<材料>
ハバネロ:2個
玉ねぎ:大1個
梨:半分
マンゴー:1個
レモン:1個
塩:小さじ2杯
酢:80cc
(今回はこれにハラペーニョを2個加えています)

<作り方>
それぞれをフードプロセッサにかけて、ピューレ状になればOK.
(レモンは絞り汁のみ)
500ccくらいの広口ビンに保存しました。

ハバネロを扱う際は、使い捨ての手袋とゴーグル(水泳用がベスト)着用したほうが賢明。
汗拭き用タオルを首にかけておき、汗が出ても絶対に手で顔を拭かないこと。
まな板や包丁は、作業後必ずきっちり洗うこと。
種やわたはその場で他の人が触れないよう、袋に入れて処分する。
とにかく、ハバネロを扱うときは、危険物扱いと思って、慎重に取り扱ってください。

お好みに合わせて、塩・ハバネロ・酢の量を調節してください。
(我が家の年寄りでも大丈夫な辛さにしているので・・・)
また、これにバナナピューレを加えてもいいと聞きます。
今回よりもレモン果汁を多くしたほうがおいしいかなあと思っています。

カレー・パスタはもちろん、酢の物やサラダなどにかけてもたいへんおいしいです。
マンゴーに、脂肪を分解する要素があり、
ハバネロには脂肪燃焼の効果があります。
ハバネロやレモンはビタミンCが豊富ですので、
健康はもちろんダイエットにも有効じゃないかと思うんです。
posted by kokemaru at 22:40| ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | とうがらし2004-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりました〜。我が家のハバネロもオレンジに。先日「青いものなら辛くないだろう」とか言いながら、素手でさわって、刻んだら、空気がからかった〜。もう、目はショボショボだし手は痛いし。口に入れたら、そのまま噴出!
…その後に、アドバイスを思い出し・・・。
それから、イジッていません。
Posted by こぶた at 2005年08月29日 08:33
こぶた様

何より怖いのは、カプサイシンが肌についてしまうことでして、簡単に落ちないんですよね・・・。

そこで調べたところ、「クレンジングオイル」で洗うと良いそうです。それまで石鹸で洗っていたのですが、かえって辛み成分が肌の上に広がってしまい、大変なことになっていたのですが、これなら落ちます!
収穫と調理だけは、とくに気をつけてくださいね・・・。
Posted by 園長 at 2005年08月29日 15:36
うちのハバネロもようやく実を付け始めた頃です。
どのように調理しようか…と探していたところ
フルーティなソースがあるとは…。
オレンジ(赤?)に色づくのが待ち遠しいです。
参考にさせてくださいね^^
Posted by おかん at 2005年10月11日 13:35
おかん様はじめまして。
このソースは、冷蔵庫で1ヶ月は持ちます。ハバネロは辛いだけでなく独特の後味がありますので、少し甘めに作っても大丈夫です。私が教わったヴェトナム風のソースは、砂糖とナンプラー,レモンと唐辛子を加えるんですよ。
唐辛子は11月までは大丈夫のようですから、これからが収穫シーズンですね。今からいろんなレシピや保存方法を調べられますことを是非オススメします。
Posted by 園長 at 2005年10月11日 21:18
はじめまして。TBさせて頂きました。
次回の収穫時にソースつくりにチャレンジしてみようと思います。
Posted by しげのん at 2005年11月14日 05:33
しげのんさん
ハバネロのレシピとなると、なかなか悩ましいものですよね。辛さもさることながら、あの香りも調理のネックになっているようです。このレシピでは、かえってあの香りが生きてくるので、結構いいかもと思っています。ただ、くれぐれも冷蔵庫で保存することをお忘れなく。一度発酵して容器が爆発しましたもので、、、
Posted by 園長 at 2005年11月23日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

半端なくかーらーいー
Excerpt: ベランダ菜園のハバネロを初収穫。 とりあえず、オリーブオイルに入れて保存することにしました。
Weblog: しげのんnoカケラ
Tracked: 2005-11-14 05:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。