2005年08月14日

ハバネロの保存法その1 新魔王日記(8.14)

drypep1.jpg

第1号のハバネロを室内ではありますが紐でつるして乾燥させています。
上と下には韓国唐辛子がぶら下がっています。
ハバネロにはもともと油分が多く含まれているようで、
カリカリに乾燥することはないようです。
(真空凍結乾燥にすれば可能でしょうけども)

posted by kokemaru at 22:08| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | とうがらし2004-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
園長さんコメントありがとうございます。
私が気付かない事を的確にアドバイス下さるのでとても感謝しております。

種から育てて花が咲き実が付き始めましたが、株が頼りないので先ずは1つだけでも完熟するようにと祈っております。

花が咲く前に枯れて花芽が落ちてしまうのです。どうしたものでしょうね。。。
Posted by あい at 2005年08月17日 20:01
あいさん

ポイントは、まずは気長に待つこと。花芽のうち半分くらいは実にはならないものと考えて結構かと思います。
あまりぽろぽろ落ちるようでしたら、元気付ける意味で液肥をあげてもいいでしょう。
今の時点で花が咲くようならば、必ず実が出来ますよ。もう少し待ってあげてください。

問題は、収穫後どのように調理するか、です。いいアイデアがあった教えてくださると嬉しいです。
Posted by 園長 at 2005年08月17日 20:35
ハバネロ唐辛子の種って、どうやってとるのですか?鷹の爪みたいに乾燥しないですよね??
教えてください〜
Posted by こぶた at 2005年09月08日 15:27
こぶた様
種は、まず実を割って種を取り出し、それを乾かすのがよろしいかと思います。この前乾燥させたハバネロから、そこそこ種を取ってあります。
どういう実からとるのがいいかというと、やはり旬で元気な実から採るのが一番のようです。
Posted by 園長 at 2005年09月09日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5900298

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。