2005年03月16日

サントスNo.18

背番号18番のサッカー選手ではない。
ブラジルのコーヒー豆だ。

以前からこの豆の酸味がお気に入りで、よく飲んでいたのだが、
このたびこれの自家焙煎に挑戦しちゃいました。

サントスは、とにかく渋皮がたくさん出る。
だからムラなく煎ろうとすると、少々難しい。

一度量を多めにして煎ってみた。
結果は…これでもかっていうほどまずい!!
色だけはそれっぽかったし、香りも悪くはないのだが、味がない。

そんで、リベンジとばかりに生豆の量を減らして煎ってみたら、
まぁどうでしょう!うまいのなんの!
「酸味が華やか」ってこういうことをいうのねって感じ。

同じ豆なのに、ほんのちょっとのことでこれだけ変わるんだなぁ。
posted by kokemaru at 11:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。