2006年09月24日

ごま・ごま・:∴

DSCN1655.jpg我が家で採れたゴマ6本。元はといえば、ほんのわずかな数のゴマ粒を蒔いただけでして、当然ダメモト。よくぞここまで成長してくれたって感じです。



DSCN1657.jpg伐採後、数日自宅のベランダで干しておくと、徐々にゴマの実がでてきます。新聞紙を下に敷き、日中、日に当てながら乾燥すること4日、ようやく本格的にゴマが出てきました。
写真は、待ちきれない私が、あえてゴマの種の房を開けてみたところです。これがほんとの「開けゴマ」・・・
こんな感じでぎっしりゴマが詰まっているもんなんです。




DSCN1658.jpgこれは「金ゴマ」。煎っていないから、これを畑に蒔けば、来年はもっとたくさんのゴマがとれることでしょう。






DSCN1659.jpgこれが今年の成果。はじめは10粒ほどだったものがこんなに増えるのも、自然の素晴らしさではないでしょうか。
posted by kokemaru at 21:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24363541

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。