2006年08月08日

最近の農園から

まず、残念なお話から。

Meguさんから種をいただいた、プリッキーヌが
全滅してしまいました。
苗床の土がよくなかったことが何よりの敗因だと思います。残念。

きゅうり2種類の根腐れの件ですが、
加賀太・レモンともに残り1株となりました。
あとは全滅。
もう全部ダメと思っていたので、
これだけ残っているのは、むしろラッキーです。

ほかには、リベンジで植えたカモミールが、
一気に枯れてしまいました。
隣に植えたオレガノも半分被害にあったので、
どうも病気も原因のひとつかと思っています。

で、めでたいほうの話。

ハラペーニョ、実が付き始めました。
わが農園も激辛生活が始まります。
その他、ホットテピン・ホワイトハバネロ・四川唐辛子・島唐辛子にも
花が咲きました。
9割がた枯死していた自家種取のハバネロも、
ここにきて息を吹き返し、
順調に行けば「こけまる農園3代目」のハバネロの種も
採種できるようになることでしょう。

また、黄色いトマト「サンライズ」、
4日に1個のペースで収穫中。
酸味は少なく、意外にあっさりした味で、
サラダにぴったりです。
レモンきゅうりもようやく2個実をつけました。
以前にも数個実ができたのですが、
例の根腐れで駄目になってしまったので、
もうこれが最後のチャンスです。

畑地のすきま作物にしていたサニーレタスも食べごろ。
独特の苦味もまたおいしいです。
それから九条ネギも、ぼちぼち間引きしながら、
冷奴の具になっています。

あとはゴマがすこぶる元気に伸びています。

そしていよいよ秋の準備。
新しい苗床では、ホオズキとルコウ草が芽を出しました。
台風が過ぎたら畑を耕さなきゃ。
posted by kokemaru at 20:03| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 農園日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずっと、バタバタしてまして、レスが遅れてしまいました。

プリッキーヌは、元気が無いというか弱いみたいですね。
ウチは、何とか生き残ってますけれど、
いつになったら収穫できるんだろう???

来年は、とっておきの粒状培養土で育てようと思います。
次回は、苗を育ててから送りますよ!
Posted by Megu at 2006年08月15日 07:38
Meguさん
私も数々の唐辛子を栽培していますが、こんな弱い品種は初めてです。プリッキーヌ、来年度リベンジしたいですね。

プリ同様、早くに全滅したタバスコについては、現在再チャレンジ中。気温が栽培に適しているのか、かなりいいペースで育っているところです。

Meguさんのお宅の、他の唐辛子はどんな調子ですか?
Posted by kokemaru工房 at 2006年08月15日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22098940

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。