2006年07月20日

きゅうり日誌(7.20)

さて、加賀太きゅうりの食べ方ですが、
そのままでもおいしいのですが、
何といってもスライスして酢の物にするのがいちばん。
歯ごたえがなんともよかったです。

ただ、続々と採れるようでもないので、
今後は追肥や収穫のタイミングを考えないと。

ここ数日の雨で、唐辛子が勢いづいています。
とくにホワイトハバネロとホットテビン、
そしてハラペーニョがすごい。
燻製ハラペーニョのペペロンオイルが、
今になって我が家で絶賛されていて、
この収穫は本当に楽しみであります。

虎の子の1本のプリッキーヌは、
移植はうまくいったものの、元気がありません。
同じくラスト1本になったハバネロは、
周りの土を押さえつけて固めたところ、
急に元気になりました。
そういえば昨年度のハバネロの苗の周りの土って、すごく固かったんです。

ぼちぼち秋野菜の種を入荷しています。
そろそろきちんと耕すほうも始めないと。

posted by kokemaru at 22:14| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | きゅうり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブリッキーヌ、奥手ですね。
奥手っていうか、大丈夫なんでしょうか?
ちょっと心配になっております。

ハラペーニョは、いただいた2苗のうち、
1つは超元気です。もう1つは普通に元気?

コワイのはハバネロで、この調子だと、
どれほどの収穫量になるのか。。。

どうしましょう???
Posted by Megu at 2006年07月24日 19:09
Meguさん
我が家のプリッキーヌも今ひとつ元気がありません。でも、もっと日が差せば元気になると信じています。
ハラペーニョ、昨年のものよりはるかに元気で怖いくらいです。味に関して、ハバネロよりもこっちのほうが好きなので、豊作を期待しているところです。
そちらのblogにもコメントしましたが、とにかくハバネロは採れた先から天日干しに限ります。そろそろ使い捨て手袋とハバネロ用クレンジングオイルのご用意を。
Posted by kokemaru工房 at 2006年07月24日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。