2006年04月08日

苗床日誌(4/8)

2週間ほど前にピートバンに蒔いたオレガノがようやく発芽。
あまりの小ささに驚いています。

DSCN1464.jpg

DSCN1461.jpg

で、2枚目の写真は今年の「辛いもん」、タバスコです。
ハバネロほど辛くないようですが、あのソースの原材料ということで、
これも油断は禁物のようです。
私としては、ハバネロは辛すぎるので、これくらいが丁度いいかと思います。
もちろんハバネロも植えるけどね。

DSCN1462.jpg

こちらはイタリア?の唐辛子ピキュリオ。
形は昨年栽培したハラペーニョみたい。

DSCN1463.jpg

トリを飾りますのは、栽培3年目の「トロロアオイ(ハナオクラ)」。
昨年末、和紙の学会に参加した際にいただいた種を蒔く準備をしているところです。
紙漉きの「ねり」に用いられるほか、漢方薬等にも用いられています。
黄色くて大きい花は、実は食べられるんです。おひたしにしてかつお節と醤油をかけて食べると結構おいしいんですよ。
posted by kokemaru at 21:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 農園日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16316680

この記事へのトラックバック

唐辛子
Excerpt: 唐辛子|-! bgcolor=
Weblog: 漢方薬のしおり
Tracked: 2006-08-03 22:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。