2005年03月31日

きょうの魔王(3.31)

DSCN0879.jpg

魔の王子3つに相成りました。
しおれているのは、身を割って乾燥させているためで、
これらはすべて一月かけて乾かして粉末にしようと思っています。
ほんの数グラムにしかならないかもしれないけど。
posted by kokemaru at 11:09| ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | とうがらし2004-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

「悪魔の収穫」〜今日の魔王(3.26)〜

DSCN0877.jpg
とうとうこの日がやってきました。
なんて恐ろしいことでしょう…

手始めに1個だけですが、ついに収穫!

DSCN0876.jpg

実際のハバネロよりはかなり小さいですが、
ご覧の通り赤く熟しております。
一部を「サンプリング」して、さっそく味を見ると…

そこには人類が立ち入ってはいけない領域がありました。

15分経ってもまだ舌がしびれます。

こうなったら乾燥させて、恐怖の一味唐辛子にしよう。

およそ半年、やっとでここまでになりました。

<予告>
この春には畑で「拡大生産」します。
今年は
・ハナオクラ(和紙作りに使うトロロアオイ。花が食用)
・ケナフ(紙にもなる)
・唐辛子(ハバネロ・ハラペーニョ・島唐辛子・韓国唐辛子・プリッキーヌ)
・ももいちご(現在苦戦中。育てるのがなかなか難しい)

これらを中心に「畑作」の予定です。
posted by kokemaru at 09:25| ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | とうがらし2004-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

コーヒー豆を土鍋で煎る

はい。土鍋です。
行きつけのコーヒーショップで勧められた方法。
なるほど芯まで火が通る感じがする。

豆を入れる前に少し強めの火にかけ、
豆を入れたところで弱火にする。
かなり土鍋があったまっていたのか、
はじめのうちは少し煎りむらができてしまったが、
そのうちちょうどいい感じになる。
こうして煎った豆は、手でカリッと音を立てて潰せるような
そんな煎り具合でできます。
今日はサントスのシティローストでやってみました。
明日の朝試飲したいと思います。

おいしくできてたら、
今年1年お世話になった先生方に飲んでもらおう。
posted by kokemaru at 21:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

きょうの魔王(3.23)

近々第1号を収穫しようと思います。

それはともかく虫害がぼちぼちと起きはじめています。
アブラムシが出てきました。

対策としては、
まずは風通しのいいベランダに出すこと、
虫を見つけ次第つぶすこと、
それでもダメなら農薬なんですが、
うちは「無農薬」が基本なんで、
そのときはあきらめます。

肥料にしても窒素・リン酸・カリウムのバランスを考えたり、
虫害対策や寒さ対策を考えたりと、
野菜を育てるには、本当に知恵がないとできないものなんです。

そう考えると、スーパーで何気なく買っている野菜が
とても神々しく見えるものです。
posted by kokemaru at 09:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | とうがらし2004-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

サントスNo.18

背番号18番のサッカー選手ではない。
ブラジルのコーヒー豆だ。

以前からこの豆の酸味がお気に入りで、よく飲んでいたのだが、
このたびこれの自家焙煎に挑戦しちゃいました。

サントスは、とにかく渋皮がたくさん出る。
だからムラなく煎ろうとすると、少々難しい。

一度量を多めにして煎ってみた。
結果は…これでもかっていうほどまずい!!
色だけはそれっぽかったし、香りも悪くはないのだが、味がない。

そんで、リベンジとばかりに生豆の量を減らして煎ってみたら、
まぁどうでしょう!うまいのなんの!
「酸味が華やか」ってこういうことをいうのねって感じ。

同じ豆なのに、ほんのちょっとのことでこれだけ変わるんだなぁ。
posted by kokemaru at 11:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

きょうの魔王(3.14)

DSCN0861.jpg

ついに赤くなりました。

大きさは相変わらず直径1.5センチくらいとたいへん「小柄」なのですが、
いよいよ「それ」らしくなってまいりました。



DSCN0862.jpg




こんな感じで、そこそこ鈴なりになっているんですよ。
posted by kokemaru at 18:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | とうがらし2004-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

今日の魔王(3.7)

DSCN0829.jpg
肥料をあげました。
今まではハイポネックスという液体肥料を
週に1回あげていたのですが、
どうも効き目が弱いのと、
何しろ1000倍に薄めるという、
サジ加減ひとつでとんでもない誤差の起こりかねない代物なので、
液肥じゃなくて、粉の肥料を使うことにしました。
アルム顆粒というのをあげてみました。

さあ、これが吉と出るか?
posted by kokemaru at 11:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | とうがらし2004-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

ロースト!ロースト!

DSCN0825.jpg
コーヒーの焙煎、さっそくやってみました。
そもそも思いつきで買ったコロンビアという豆の焙煎は、
硬い豆だから難しいんだとか。

煎りすぎて炭になったら嫌だという意識が強いせいか、
ローストが甘くなり、
はじめの1杯目は香りこそするけど、味がしないという、
奇妙なものを作ってしまいました。

次に、思い切ってハイローストにしてみようと思って
やってみたら、今度はみごとな炭になってしまいました。
豆を噛んでみたら、結構な炭の味で・・・

パチパチ!という音がするようになってからの火加減が
ものすごく大事。
てなわけで、3回目にしてやっとコーヒーらしいものができました。
このところの寒さを利用して、煎り上がったものは外に出して急冷。
やはり自家焙煎はいい香りと味がします。
うまくいけばの話ですけどね。

Meguさんのblogにあったとおり、豆の選定もしっかりやりました。
うまいコーヒーは1日にして成るものではありません。

それにしても…すっげぇ楽しい!
posted by kokemaru at 17:06| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | コーヒー豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

■D(・ω・*)Coffee Break

coffeebeans.jpg

コーヒー豆です。
でも、コーヒーっぽくないでしょ。それもそのはず、生豆ですから。
これをじっくり煎ってはじめてコーヒーになるんです。

今回はコロンビアの豆を買ってみました。
実際の生豆は少し青臭いんですよ。
私の家の近所にある、アルバート珈琲さんで購入。

少し落ち着いたら、煎りたての珈琲というものを
試してみようではないか。ぬぁはぁはぁ!

追記:自家焙煎の経験がおありの方、
ポイントなどがございましたら是非ご一報ください。
とりあえず「ホウロ」を使って煎る予定です。
posted by kokemaru at 20:23| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | コーヒー豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。